シューズ別】外反母趾の人の靴選び

外反母趾の人は靴選びに慎重になります。

爪先部分が狭い靴を履いていると、外反母趾の部分が痛くなるからです。

また、適した靴を履いていないと痛みが悪化するだけでなく、痛みがなくとも症状が進行してしまい、更に治療が困難になります。

今回は、外反母趾の人が靴選びで見ておくべきポイントをシューズ別にご紹介致します。

解説の前に知っておいてほしいポイント

多くの人は、靴のせいで外反母趾を発症・悪化させていると思われがちですが、実はそうではありません。

よく、『ヒールで悪化した』等の声を耳にしていますが、事実は異なります。

もしヒールで外反母趾が発症するならば、
ヒールを履いていない小学生にも発症するのはなぜでしょうか。
そして、ヒールを履く女性は減少傾向にある反面、外反母趾を患う方は増加傾向にあるのはなぜでしょうか。

裸足で生活するアフリカ人にも外反母趾の方はいます。


実は、外反母趾の原因は靴ではなく、
足指の筋力低下と運動不足が原因となります。

足指の筋力が低下すれば、本来動かすべき関節が動かせなくなります。

また、運動不足により足を使う機会が少なくなるのも外反母趾の悪化に繋がります。
事実、車がなかった時代や草履を履いていた時代は外反母趾を患う人は少数でした。

このことから、外反母趾は【靴自体】で発症したり悪化するわけではなく、
生活習慣や靴によって足指を使う頻度が減ったことにより足が退化してしまい外反母趾が起こるというわけです。

靴選びの共通ポイント

① 大きめの靴を選ばない

外反母趾が靴に当たると痛みが生じるため、ついサイズを大きくしがちですが、
大きめの靴を履くと、靴の中で足がずれてしまう為、きちんと足が使えなくなります。
そうすると、更に筋力が低下し、外反母趾の悪化に繋がります。

② かかとからあわせる 

靴を選ぶときは、かかとがしっかりと固定されているものを選びましょう。
かかとに余裕があると、靴の中でかかとが不安定に動くことになります。
そうすると、靴の中で足をしっかりと使えない為、外反母趾が悪化します。

③ 試着は両足

外反母趾がある方のみ試着するのではなく、必ず両足で試着し、店内を歩いて下さい。
日常で履く時と同じ環境で試着するのがポイントです。

④ 試し履きは最低5分は時間をかける

履き始めはしっくりきたとしても、時間が経つと合わなくなる可能性が多いに有ります。
また、新品の靴は馴染むまでに時間がかかりますので尚更足が痛くなりやすいです。
それを防ぐ為にも、最低5分以上は時間をかけましょう。

靴別、フィッティングのポイント

ではここで、靴別のポイントをお伝えします。
※最初、全てに解説を入れていましたが、文字数がかなりオーバーしたのと、読んだ時に分かりにくかった為、箇条書きで述べています。解説が必要な場合はデーターを残しておきますのでご連絡下さい。

① パンプス

・ 爪先部分がしっかりと曲がる
・ ストラップがある
・ 底が薄すぎずしっかりしている
・ 前すべりしない
・ 横幅がある

② ミュール

・ 足を覆う部分が多い
・ 自由に足指が動く
・ ①のパンプスと同じ

③ サンダル

・ 土踏まずがしっかりサポートされている
・ ストラップのサイズを合わせられる
・ かかとのストラップもついている

④ ローファー

・ 底がしっかりと曲がる
・ かかとに隙間がない
・ 合皮はほぼ伸びないものと考える
・ 実際に使う靴下を履いて試着する
・ 足の甲と靴の隙間がありすぎない

⑤ スニーカー

・ 適度な重さがある
・ 紐で結べるタイプ
・ 左右上下にしっかり底が曲がる
・ 底に厚さがある
・ インソールが土踏まずにフィットしている

⑥ ヒール

・ 3センチまでのヒール高
・ 底に滑り止めがある
・ 前すべりしない
・ ヒールは太め
・ 土踏まずの部分がしっかりしている
・ 爪先が尖っていない

まとめ

外反母趾でも、ポイントさえ守れば靴を履く事が出来ます。

また、外反母趾でない人でも、このポイントを守れば外反母趾の予防にもなります。

是非参考にしてみて下さい。

 

その他の記事